« 決断力 | トップページ | マジックスパイス »

2005年8月11日 (木)

Do As Infenity~竹内まりや~さっちゃん

Do As Infenityの最初のベストアルバムDo the bestをこのところよく聞いているのだけど、Summer daysは結構耳に残ります。外でも有線なんかで流れているのをたま聞く。
 そういう意味では気に入っている曲ではあるんだけど、歌詞(英語)の内容にはほぼ共感するところはないんですよね。
「陽のあたる坂道」のほうが、歌詞はいい。ついでに言い回しもいいね。「懐かしい笑顔の」の「えがーおのー」のところとか、「立ち止まってしまうよ」の「しまっうよー」ってところとか。

 もうずっと竹内まりやが好きなのだけど、この人の歌詞もイマイチと思うことが結構ある。まあなんでもいいんだけど「けんかをやめて」にしても「ナタリー」にしても「家(うち)に帰ろう(マイ・スイート・ホーム)」にしても、どうもしっくりこない。
「家に帰ろう」のカップルなんかもうダメなん」じゃないかなと思うし、ナタリーは今田舎に帰るべきじゃないと思う。

 メロディも好きだし、竹内まりやのボーカルはすごく好きだから、聞くと心地いいことはいいんだけど。本質には関係ないけど、竹内まりやに関しては山下達郎と結婚したというところも好き。

声は無条件に好きなので竹内まりやが歌うのなら、童謡のよい歌でもいいと感じると思う。

たとえば「さっちゃん」とか。

自分がすごく愛情を注いだ人の記憶から自分いなくなるっていう、切ない曲なんだよね。

 さっちゃんについてはまた。

|

« 決断力 | トップページ | マジックスパイス »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Do As Infenity~竹内まりや~さっちゃん:

« 決断力 | トップページ | マジックスパイス »