« またぬき | トップページ | この夏 »

2006年8月 4日 (金)

亀田興毅のあれ

一昨日の亀田興毅のあれなんですけど、
まあ、今さらコメントしても何なんで。
というか、最初から立っていたら勝ちかな、と思っていたんですよね。まあボクシングファンなら理由はわかるでしょ。

そりゃもちろん、若者の将来を思ってのことではなく、資本主義の論理でね。
そんなすれたボクシングウォッチャーですが、
僕は優秀なボクサーはリスペクトしているので、あまりいい気はしないですね。慣れることができない。
慣れる必要もないしね。

ところで、昨日代々木近くの横断歩道で『五体不満足』の著者、乙武洋匡氏を見ました。携帯電話のGPSをみながら、電動のの乗り物で、駅のほうに向かっていましたが、乗り物の高さが結構あって、「よくこわくないな」と思った。安定性はあるのかもしれませんが。

|

« またぬき | トップページ | この夏 »

コメント

亀田の試合は怒りを通り越しアキレました。

金平とTBSの仕組んだ薄っぺらなドラマはスグメッキがはがれました。
亀田選手と亀田バカ親父には責任が無いのでしょうか?・・そうは思いませんが。

現在の金平会長の父の代から協栄ジムの金平と言えば最悪中の最悪虚業興行でボクシング協会でも有名。

次も協栄ジム、金平、亀田一家・・聞いただけで悪奴い興行をやるんだろうなぁ。

--------
『亀田が資本主義の論理で最初から立っていたら勝ち』には爆笑しました!!


投稿: 中村いわお | 2006年8月20日 (日) 16時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 亀田興毅のあれ:

« またぬき | トップページ | この夏 »