« 亀田興毅のあれ | トップページ | おすすめ① »

2006年8月26日 (土)

この夏

この夏、

妻が子連れで実家に帰っている間に、
松本に旅行し、上高地にも行きました。
最初に松本城。
自転車で市内を走りました。
大雨のため中央本線は不通になり、
帰りは長野新幹線経由に振り替え輸送。
松本は気に入ったので、家でも買おうと思い、
ヤフー不動産で調べたら、思ったよりも高かった。

村上春樹が住んでいるという大磯を訪れ、自転車で走るも、
暑い上に結構坂が多く、閉口しました。
その足で町田に行き、柿島屋でさくら鍋を食す。
美味なり。
両親宅に泊まった。

実家で子供の頃からピクルスと呼んで母親が作っていた
キュウリの酢漬を思い出して、作った。
昔よく王将の餃子のつけ合わせになっていた「カッパ漬」に酷似しています。
材料はキュウリ、酢、しょうゆ、ごま油、七味唐辛子。
本物のピクルスはご飯には合わないけれど、これはご飯にも合います。

シーズニング済みロッジ製スキレット9インチが
1800円で売っていたので、買い、連日ビフテキやラムステーキを作って食いました。
スキレットを買った翌日には、
ロッジ製10/4インチのキッチンダッチオーブン(ロジック)を5000円で購入。
けっこう激安だと思います。

少し痩せ、オフ期のボクサーといった体形になりました。
ズボンがずれるので、ベルトを少し切りました。

5歳に息子に
「あのさー、どうして人は生まれてきて、いつかはいなくなっちゃうの」
と聞かれました。
「ずぅーとずっと大好きだよ」という絵本を読み聞かせたり、
「おじいちゃんやおばあちゃんは大人になるまでとても生きていられないだろうから、今のうちに会ったっておいたほうがいい」
と言ったりしたせいもあるのかもしれません。

『五体不満足』の乙武氏に同じ交差点で2度遭遇。


|

« 亀田興毅のあれ | トップページ | おすすめ① »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: この夏:

« 亀田興毅のあれ | トップページ | おすすめ① »