« 「坊ちゃん」的感覚 | トップページ | 共謀罪関連の集会 »

2006年10月19日 (木)

男の料理

最近の男の料理。

サトイモの塩茹で
洗って皮がついたまま塩茹で、粗熱が取れたら手で皮を剥く。
サトイモは八丈島ではかつて主食とされたことがあるという。
芋を主食にするとき、塩茹ではポピュラーな食べ方。美味。

馬筋の煮込み
馬の筋肉を入手。酒と水と醤油だけでダッチオーブンで2時間半くらい煮込んだ。牛筋よりもうまいかも。

馬刺しとか、レアに焼いた馬肉もこのところ複数回食す。
大蒜醤油のほか焼肉のたれ、レバ刺しみたいにごま油と塩でもいい。

馬刺しは魚の刺身と違う。脂が多いのはあまり生食向きではなく、火を通したほうがいい、と「美味しんぼ」に書いてあった。
レバ刺しにいいような牛レバがこのところ見当たらない。
焼肉屋に行けば食えるが家で食いたい。

好きな食べ物と聞かれて、「レバ刺し」と答えたらワイルドな感じがするだろうか。チャンスがあれば、イヌイットの伝統的な食べ方で生肉なんかを食べてみたいと思う。

|

« 「坊ちゃん」的感覚 | トップページ | 共謀罪関連の集会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 男の料理:

« 「坊ちゃん」的感覚 | トップページ | 共謀罪関連の集会 »