« 加藤諦三  エリック・クラプトン自伝 福翁自伝 | トップページ | 2月の覚書 »

2009年2月26日 (木)

K-1 NJKF前田パーティ

2009年2月23日(月)のFieLDS K-1 WORLD MAX 2009 日本代表決定トーナメント、 一回戦でコスプレ戦士・長島☆自演乙☆雄一郎とHAYATOが対戦した。HAYATOは、彼が10代の頃からのジムメイトだから、当然応援したが、長島☆自演乙の勢いを止めることはできなかった。HAYATOも攻撃力はあるんだけど、長島のパンチをまともに食らってしまった。HAYATOの課題は防御。K-1ではKOを量産しそうな、薄いグローブを使っているからなおさらだ。
 で、こうなれば、長島を応援したわけだが、長島も山本優弥で、HAYATO戦で出血した目じりからの流血でドクターストップ。これも残念な結果に。長島☆自演乙☆雄一郎は、ほぼパンチのみ。山本戦では右膝蹴りも出していたが、日本拳法そのままの戦い方だった。
まあ、練習ではいろいろやっているんだろうけど。面や胴をつけて戦う日本拳法の蹴りは素肌で戦うキックボクシングやK-1にでは不道理なところもあると思う。タイ式のミドルやローキックを試合でどんどん当てられれば、パンチももっと活きるはず。長島は、まだまだ伸びる余地はある。

ところで、
2月22日日曜日、山木アキラ会長率いるインスパイヤードモーション所属のNJKFバンタム級王者、前田浩喜のタイトル防衛祝賀パーティの出席。山本アキラ会長は、山木ジムの先輩に当たる。歳は僕のほうが大分上だけど。
 タイトル奪取からかなり経ってからパーティをしたのは、前田にもっとチャンスを与え、売り出そうという意気込みの表れのようだ。
 3月1日、ディファ有明で前田は、日本バンタム級王者の寺戸伸近と対戦する。これに勝てば、日本バンタム級のトップの一人として評価が定まるはずだ。
 このM-1ムエタイの興行は、メインにムエタイの倒し屋、アヌワットが出るなど、以下のようになかなかのカード。楽しみである。

M-1ムエタイ
開催日: 2009年03月01日(日)
開始: 16:00
会場: ディファ有明
第12試合 メインイベント(2) WPMF世界フェザー級タイトルマッチ 3分5R(インターバル2分)
アヌワット・ゲオサムリット(タイ/王者)
駿太(谷山ジム/挑戦者・WMAF世界フェザー級王者)

第11試合 メインイベント(1) WPMF世界ライト級王座決定戦 3分5R(インターバル2分)
増田博正(スクランブル渋谷/元全日本ライト級王者)
デッーサムット・チョールークサムット(タイ/元王者)

第10試合 セミファイナル ライト級
カノンスック・ウィラサクレック(タイ/M-1フェザー級王者)
遠藤智史(AJジム/全日本ライト級王者)

第9試合 55kg契約
藤原あらし(S.V.G./前全日本バンタム級王者)
アピラック・KTジム(タイ)

第8試合 第2代M-1バンタム級王座決定トーナメント準決勝
前田浩喜(インスパイヤードモーション/NJKFバンタム級王者)
寺戸伸近(青春塾/全日本バンタム級王者

|

« 加藤諦三  エリック・クラプトン自伝 福翁自伝 | トップページ | 2月の覚書 »

コメント


http://sru3oje.man5.ja%73davi%73.com/
手マ-ンしまくってたら急に俺に乗ってきて、
俺のアバラ骨で素 股しだしてマージびびったぞ(゜ロ゜屮)屮
サキちゃんがやたらガリガリにこだわるワケ、把握w

投稿: おwれwのw骨wでw | 2010年2月20日 (土) 17時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: K-1 NJKF前田パーティ:

« 加藤諦三  エリック・クラプトン自伝 福翁自伝 | トップページ | 2月の覚書 »